ビタミンと美肌の関係は?美肌に必要なビタミンを紹介

美肌や健康のためにはビタミンが良いというのは知っているけれど実は案外詳しくは知らなかったりしませんか?今さら人に聞けないビタミンの美肌効果を再確認し、効率よく効果的な摂取法でトラブル知らずの美肌、目指してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンは美肌に欠かせない大切な栄養素です。

今、悩んでいる肌トラブルもビタミンの力で解決することができるでしょう。

ビタミンについて詳しく知ることで自分に合った使い方をすることができると、悩みも解決できます。

今回は今さら聞けないビタミンについて詳しくご紹介します。

ビタミンの栄養素とは

ビタミンとは、人間が必要とする栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称で、生きていくうえで欠かすことのできない栄養素です。

ビタミンは全部で13種類あり、働きや効果は種類によって異なります。

また、人間の体内では作ることができないものが多く、食べ物からとる必要があります。

脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

ビタミンには大きく分けて、油に溶けやすい脂溶性ビタミンと、水に溶けやすい水溶性ビタミンの2種類があります。

この2種類の違いを理解しなければ、せっかくのビタミンが食べる前に失われてしまったりするので注意しましょう。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは油に溶けやすく、熱にも比較的強いという特徴があります。

油脂と一緒に摂取することによって、吸収率が上がり、効率的良く摂取できるため、炒めものや揚げ物などの油を使った調理法がおすすめです。

しかし、脂溶性ビタミンは、摂取してから2日間ほど体内に蓄積されると言われています。大量に摂取すると身体に悪影響を与えてしまうため、摂りすぎには注意しましょう。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは、水に溶けやすく、熱に弱いです。

水溶性ビタミンが多く含まれる野菜を効率良く摂取するには、水で洗う時も素早く洗い、長く水にさらしておかないようにしなければいけません。

ですから、出来るだけそのまま食べると良いでしょう。

また、水溶性ビタミンは、必要以上に摂取しても尿と一緒に排出されるので、摂取量はそれほど気を遣わなくても大丈夫です。

しかし、逆に体内に蓄積されないため、毎日摂取する必要があります。

目的別ビタミンの摂り方

美肌に導くビタミンC(水溶性)

ビタミンCは水溶性ビタミンの一つです。

肌の弾力にはコラーゲンの生成が必要不可欠なので、美肌には欠かせないビタミンです。

またシミの原因であるメラニンの生成を防ぐ働きもあるので、美白を目的としている方は摂取しましょう。

また、ビタミンCは、食品だけでなく、サプリメントからも摂取することができます。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、長時間体の中に留まることができません。

そのため一日数回に分けてビタミンCを摂取することで美肌の効果をあげることができます。

ビタミンCの吸収を助けるビタミンP(水溶性ビタミン)

ビタミンCの吸収を助け、間接的にコラーゲンの生成に役立っています。

ビタミンPはビタミンCの摂取をアップさせる効果があるため、ビタミンCを摂取するときにはぜひ一緒に摂取しましょう。

また、毛細血管も丈夫にし、隅々まで血液も行き届き美肌に導くビタミンです。

ビタミンPはレモンやミカンに多く含まれていています。

水溶性ビタミンなので、一度に大量摂取するのではなく一日に何度かに分けて摂取しましょう。

ニキビにはビタミンA(脂溶性ビタミン)

ビタミンAは脂溶性ビタミンです。

皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力や抵抗力もアップしてくれます。

また、ニキビの悪化や細菌による感染を防いでくれるのでニキビ対策として注目されている成分です。

ビタミンAは動物系のタンパク質に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるカロテンの2種類に分かれます。

レチノールが多く含まれている食品は、うなぎやチーズ、卵などです。

カロチンはにんじんやほうれん草、などに多く含まれています。

ビタミンE(脂溶性ビタミン)

ビタミンEは脂溶性ビタミンです。

ビタミンEはアンチエイジングに効果的なビタミンです。

この栄養素は、お肌の酸化(サビつき)を戻してくれる作用があり、血行促進の働きも行います。

また、ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があります。

まとめ

ビタミンは成分表でもよく目にする成分で私たちには切っては切り離せない重要な成分です。

しっかりと効果を確認し、自分のコンディションや悩みによって積極的に摂取していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする