【肌の種類別!全5種類】クレンジングの選び方の基本を抑えよう!

化粧の濃さと肌質によってクレンジングの選び方が異なります。
今回は5種類のクレンジングの特徴を検証し、肌質に合ったおすすめのクレンジングを紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日使用しているクレンジングですが、本当に自分に合っているのか疑問に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

雑誌で人気のクレンジングや口コミで話題のものを試しても自分に合わなかったという経験はありませんか?

クレンジングはメイクの濃さと肌の状態によって自分に合うタイプが変わります。

今回は5種類のクレンジングの特徴を詳しく紹介したいと思います。

クレンジング選び方の基本

ベースの濃さに合わせる

まず、クレンジングはベースメイクの濃さに合わせて選びましょう。

メイクが肌に残ってしまうことは、肌への負担となるため、しっかりベースメイクを落とせるクレンジングを選びましょう。

アイメイクとベースメイクは別々に行う

落ちにくい頑固なアイメイクやリップメイクなどのポイントメイクを基準にして、クレンジングを選ぶのはやめましょう。

あくまで大切なのは「ベースメイク」を基準にしてメイク落としを選ぶことです。

目元や口元などにバッチリメイクをしている場合は、ベースメイクを落とすクレンジングとは別に専用のポイントメイクリムーバーを用意して、そちらを使用して目元や口元のクレンジングを行いましょう。

クレンジングの5種類の特徴

クレンジングには、以下の5種類があります。

・オイル
・リキッド
・クリーム
・ミルク
・ジェル

それぞれのクレンジングは、配合されている「成分」「テクスチャー」などが異なります。

それでは、5種類の特徴についてご紹介します。

クレンジングオイル

クレンジングオイルは、しっかりメイクする方におすすめのクレンジングです。

またアイメイクも落としやすいのが特長です。

油性のクレンジングオイルは、メイクも落としやすく忙しいときにも便利ですが、肌への摩擦による負担がかかりやすいのがデメリットです。

そして、クレンジングオイルでクレンジングを行う際には、しっかりオイルを乳化させることで使いやすくなります。

リキッドクレンジング

リキッドクレンジングは水分をベースとしていて、さらっとしたテクスチャーが特徴的。そのために、ベタつきやヌルつきが少なく、さっぱりとした使用感がタイプの方にオススメです。

また、マツエクを付けている人はオイルフリーのリキッドクレンジングを使用しましょう。

クレンジングクリーム

クレンジングクリームは、クリーム状のテクスチャーでマッサージするように、丁寧にクレンジングすることができます。

また、油分を含んでいるので、クレンジング後も肌がしっとりしやすい特徴があります。

クレンジングミルク

クレンジングミルクは、なめらかなテクスチャーで洗い上がりの肌がしっとりしやすいです。

そのため、肌が乾燥しやすいという方にも比較的使いやすいタイプです。

しかし、濃いメイクが比較的落ちにくいというデメリットがあります。

クレンジングジェル

クレンジングジェルは、弾力のあるテクスチャーが特徴のクレンジングです。

また、ほどよい厚みと、みずみずしい使い心地なので、さっぱりした洗いあがりのものが多いです。

クレンジングジェルには、主に「油性ジェル」「オイルイン水性ジェル」「オイルフリー水性ジェル」などのタイプがあります。

肌別クレンジングの選び方

脂性肌の方の場合

脂性肌の方は、オイルフリーのクレンジング料をおすすめします。

もともと皮脂が多めの肌に油分を過剰にプラスすると、ニキビなどの肌悩みに繋がる場合があります。
また、クレンジングの際には洗い残しのないように丁寧に流し、日中もできるだけナチュラルメイクを心がけましょう。

敏感肌の方の場合

デイリーメイクの際は、マイルドな洗い心地のクレンジングミルクや、コクのあるクレンジングクリームが良いでしょう。

敏感肌の方は特に、肌をゴシゴシこすることで、肌に負担を感じやすくなります。

そのため、摩擦による負担がかかりにくい、マイルドに洗い上げるタイプがおすすめです。

まとめ

クレンジングの選び方と特徴についてご紹介してきました。

自分の肌質とメイクによって選ぶことで肌の負担が軽減されます。

自分にあったクレンジングを見つけて今日からキレイを手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする